咀嚼と脳の研究所

お問い合わせ english
咀嚼(そしゃく)と脳の研究所 のトップページへ戻る
「咀嚼」により脳を守る、心を守る、からだを守ること
それがわたしたちの研究テーマです
研究動画
咀嚼健康法総集編の動画 噛んで生き生き高齢者編の動画
トピックス トピックス
  • 11/12(土) 山形市の大手門パルズにて、小野塚實所長の講演会
    「認知症を「噛む力」で治す」(山形県保険医協会主催)が開催されます。
  • 6/19(日)日本大学歯学部研修医講堂
    6/26(日)新宿区高田馬場・エムワイ貸会議室で開催される
    日本全身咬合学会第30回公開講座にて、小野塚所長が講演します。
  • 3/28(月)にマガジンボックスから発刊された「0円健康超基本編」で 「噛んで健康になる」をテーマにした健康法を監修しました。
  • 小野塚實所長の著書、好評発売中!!
認知症を「噛む力」で治す 噛めば脳が若返る 噛むチカラで脳を守る 噛むチカラで肥満を防ぐ 噛むチカラでストレスに勝つ

咀嚼と脳の研究所とは
イメージ

咀嚼と脳の研究所について

咀嚼と脳の研究所(Institute for Mastication and Brain Sciense(IMBS))は、口の働き(とくに咀嚼)が全身の健康にいかに重要な役割を果たしているかを脳科学的観点から解明し、研究成果を全世界に向け発信している研究機関です。

私たちは、高齢者が咀嚼運動を行うことにより前頭前野が活性化されることを明らかにしました。
つまり、噛むことは高齢者の認知機能の維持に有用であることがわかったのです。 研究テーマについて

咀嚼と脳の研究所 Institute for Mastication and Brain Sciense(IMBS)

   


関連ホームページ
揖斐厚生病院
星城大学リハビリテーション学部
明治大学理工学部電気電子生命学科健康医工学研究室
福岡女子大学国際文理学部食・健康学科