咀嚼と脳の研究所

お問い合わせ english
私たち咀嚼(そしゃく)と脳の研究所(IMBS)は、健康こそが人間にとっての1番の財産だと考え、「咀嚼」により脳を守る心を守るからだと守ることを研究アプローチとして、分子からヒトにわたって多角的に研究を展開してきました。結果、国際科学雑誌に150編以上の論文を発表することができました。

咀嚼と脳の研究所(IMBS)の研究アプローチ


最近のめざましい科学技術の進歩は、私たちの生活に便利さと豊かさをもたらしました。しかしその一方で、社会構造が急激に変化し、私たちを取り巻く環境に様々な変化を引き起こしたことにより、新たな健康障害が地球規模で多発しています。社会の副作用ともいうべき、現代病の中でも、認知症、ストレス疾患、肥満・糖尿病はWHO(世界保健機構)において、21世紀に克服すべき課題として位置づけられており、わが国でも厚生労働省の科学研究の重点課題に掲げられています。

こうした観点から、私たちは先進的な研究成果を求めつつも、現代病の改善・予防に少しでも役立つ成果を上げることに重点をおいております。これまでに得られた成果は平易に記述し、噛めば”命”の泉湧くシリーズ「噛むチカラで脳を守る」・「噛むチカラで肥満を防ぐ」・「噛むチカラでストレスに勝つ」(健康と良い友だち社)、「噛めば脳が若返る」(PHP研究所)、「認知症を“噛む力”で治す」(SB Creative)などの書籍にまとめ、健康増進のための咀嚼の役割を社会に啓発しています。

現在遂行している研究は、これまでの研究の継続に加え、「咀嚼が果たす“がん発症”の抑制」「咀嚼が果たす“高齢者の海馬萎縮”の抑制」などです。これらの成果は、向こう数年以内に国際科学雑誌に発表する予定で取り組んでいます。「咀嚼」は、誰でも、いつでも、どこでも手軽に行えます。現代病を「咀嚼」で克服できる!そんな夢も現実のものになるよう精進していく所存です。

咀嚼と脳の研究所 Institute for Mastication and Brain Sciense(IMBS)

   


関連ホームページ
揖斐厚生病院
星城大学リハビリテーション学部
明治大学理工学部電気電子生命学科健康医工学研究室
福岡女子大学国際文理学部食・健康学科